2015年NS

これが私の仕事

図面通りに製品が作られているか検査・測定する仕事
私たちの身の回りにはプラスチック製品が溢れています。そのプラスチック製品が図面通りに作られているかを、顕微鏡を使い寸法を測定する仕事です。顕微鏡というと理系の難しいことをしていると思われがちですが、しっかりと丁寧に教えてもらえます。寸法の測定以外にも、お客様との打ち合わせや伝票処理などの営業に関する業務も行います。

一番うれしかったエピソード

安心して仕事を進められる環境が整っている事
先輩たちがたくさんフォローしてくれることです。 配属直後でスムーズに測定を進めることができずに落ち込んでいたら、たくさんの先輩が励ましとアドバイスをくれました。また、速く測定を進められたり多くの箇所数を測れるなど、上手くいったときはいろんな方から褒めていただきます。自分が不安になっている時に、助けてくれたり言葉をかけてもらえるのが安心感に繋がりとても嬉しいです。

この会社を選んだ理由

ものづくりを支えることが出来る、雰囲気のよい会社
就職活動をしていくうちに、日本のものづくりを支える仕事がしたいと思いました。 様々な企業の説明会に参加し、同じ業種でもこんなにも職場の雰囲気が異なるんだということを感じました。そのなかでもプロニクスの説明では包み隠さない話を聴け、また職場見学の際に雰囲気の良さを直に感じることができました。それに加え、まさにものづくりを支えることができることに魅力を感じました。入社後も、風通しの良い雰囲気で毎日楽しく仕事をすることができています。 文理に関わらず、測定知識や業務について1から丁寧に教えてもらえるので知識がなくても、しっかりと仕事が出来るようになる教育体制があります。また、測定スタッフがお客様と直接やりとりをするので、直に社会に貢献できる喜びと、責任を感じることができます。

これまでのキャリア

入社5年目(二次元測定担当)
メンター責任者に任命(3年目)以降、1年間務める
採用担当(5年目)
 

就職活動のアドバイス

自分にとって雰囲気が良いと感じれば、その会社が自分と合い長く働ける会社だと思います。それをみつけるには、できるだけたくさんの企業を直接見て探してみてください。また、社会の仕組みや企業の中を知ることのできるチャンスですし、その後の自分の視野を広げるいい機会になると思います。最後まで諦めずにがんばって下さい。